【犬の健康維持】野菜の栄養素は効果抜群です!!

海岸にいる犬

犬の食事管理って困りますよね。

 

「主食フードの栄養バランスが気になる・・・」

「今食べているフードで、愛犬の健康は大丈夫?ドッグフードを与えるだけで、本当に栄養は良いのかしら?」

 

愛犬の長生きを願うからこそ、心配がつきません。

主食フードの補助として与えられ、そしてフードの変更の手間をかけずに健康維持が可能なものはないか?

 

ゴールデンリトリバー

肉食に近い雑食動物である犬の栄養を補うには、ドッグフードに加え、

ビタミンやミネラル、食物繊維などをもつ野菜が必要不可欠です。

 

愛犬にとって、栄養素の高い野菜を与えること=健康維持につながります。

 

しかし、愛犬に与えすぎてはいけない食材も野菜にはあるため、注意が必要です!

 

SPONSORED LINK

犬の健康は食事から、ヒト同様にお野菜も必要?

 

ヒトにとっても大切な栄養素【野菜】

 

しかし、その野菜から栄養を得るには、野菜を上手に消化する必要があります。

愛犬の野菜を消化する能力には、ひとと同じではありません。

 

犬は腸が短い為、生野菜を消化するのがとても苦手です。

そうなんです、ヒト同様に生野菜を摂取しようとすると消化不良を起こす可能性があり注意が必要です。

 

犬の健康・野菜編おすすめ記事】⇒⇒https://burubio.com/what-vegetables-can-your-dog-digest-5-recommended-vegetables/

関連記事

犬にとって消化のいい野菜は?与えても良い?おすすめの野菜5選も紹介。こんにちは!Burubio blogのBioです。最近ドッグフードにキャベツとささみをトッピングしている飼い主さんを、診察時に見かけます。この鉄板のトッピング、どこから[…]

 

健康で長生きさせるため、愛犬に野菜の栄養素を与えたい!!

 

考えながらお野菜を与えるのは大変、でもお手軽に与えたい。

そのような方に、おすすめの商品 ⇩⇩

 愛犬の健康に!ベジタブルサポート

こちらの商品は、全国3000軒以上の動物病院の獣医師の先生に認められた、野菜のサプリ!!

獣医師と管理栄養士の研究で生まれた、「天然野菜」の栄養素が摂れる顆粒&タブレットです。

 

 

【ベジタブルサポート】どんな子におすすめなのか?効果があるのか?

 

どんな効果があるのか?

ずばり、、、

ベジタブルサポートの特徴=犬に必要な「野菜の栄養素」を効率よく与えられる!

最近愛犬に感じる、不安・・・

➀  筋肉の衰え(活動量低下)

②  腸内環境の乱れ

③  ビタミン不足

これらの変化に効果を示してくれるのが、【ベジタブルサポート】

 

摂取することにより

① アミノ酸を摂取!!筋肉サポート。

② 食物繊維で腸内環境の改善。

③ 野菜のビタミン類豊富に摂取可能!!

 

犬二匹

シニア犬の健康状態維持にもおすすめですね。

 

どんな子におすすめなのか?

・愛犬の健康が気になる

・野菜の栄養を与えたい

・手作りしたけど時間がない

・シニアになってお散歩が減った

・生き生きとした活力を与えたい

・便秘気味なのでなんとかしてあげたい

・筋肉の健康サポートをした

・水分を美味しく摂らせてあげたい

 

こんな気持ちを持つ飼い主さんにぴったりです!

 

獣医師も愛用している【ベジタブルサポート】

ベジタブルサポートは、動物病院でも使われています。

実はベジタブルサポートには、一般向けのもの以外に動物病院のみで扱っているタイプがあります。

 

動物病院では、ベジタブルサポートを単なる健康促進サプリメントとしてだけでなく、

特定の病気の治療を補助するために多く使われています。

 

では、実際にどんな場面で使われているのか、簡単にお伝えします。

 

「ベジタブルサポート ドクタープラスホエイ」

 

肝臓に関係する病気の時に、使われます。

肝臓は、動物は生きていくための非常に多くの機能を担っていて、

その中でも特に重要な機能の一つが「たんぱく質の合成」です。

 

肝臓が障害を受け機能が低下してしまうと、たんぱく質の合成能力も低下してしまいます。

 

肝臓は再生能力が高い臓器ですが、障害を受けた時にBCAAが豊富にあると、

たんぱく質の合成能力はアップすることがわかっていて、

ベジタブルサポートは手軽にBCAAを補給サプリメントとして使われます。

 

特に「門脈体循環シャント」と呼ばれる病気の時に、「ベジタブルサポート ドクタープラスホエイ」はよく使われます。

 

門脈体循環シャントは、先天的に肝臓に流れる血液の量が少なく、肝臓が発達しなく、重度の肝機能低下を引き起こします。

 

また、肝臓につながる血管の途中から別の血管が大静脈につながり、

解毒されない血液が全身に流れ込むために痙攣や嘔吐が起こります。

 

基本的にこの病気の治療は手術ですが、手術前後でベジタブルサポートを使用することで、

手術や手術の経過をより安定させることができるため、多くの動物病院で使用されています。

 

「ベジタブルサポート ドクタープラスファイバー」

腸疾患によく使われます。

 

食物線のひとつ、水溶性食物繊維を含んでいるタイプになります。

食物繊維は水に溶ける水溶性と、水に溶けにくい不溶性の2種類があります。

 

水溶性食物繊維は主に小腸で働き、栄養の消化吸収を助けます。

 

そしてさらに、抗炎症作用やコレステロール吸収抑制効果があり、

犬の炎症性腸症やタンパク喪失性腸症などの病気に処方します。

 

また水溶性食物繊維は糖質の吸収を緩やかにして、

食後血糖値やコレステロール濃度の急激な上昇を抑制します。

 

さらに、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整える効果があります。

 

犬の健康を考えた【ベジタブルサポート】野菜の栄養素は?

 

【ベジタブルサポート】に含まれる主な野菜は

ベジタブルサポート

 

これら野菜の栄養素を効率よく摂取できる【ベジタブルサポート】サプリの形状は、2タイプがあります。

サプリの形状は2種類あり

➀  顆粒タイプ

②  タブレットタイプ

形状タイプにより、一日に与える量が違ってきます。

【ベジタブルサポート】一日に与える量を解説

 

ベジタブルサポート与える量は?

愛犬の体重により与える量が違います。

確認してみましょう。

ベジタブルサポート3

顆粒タイプは水に溶かして使用することができるので、与えやすいですよね!!

タブレットタイプは、一日あたり量の多く、お薬が苦手な子は大変かもしれません(汗)

 

【ベジタブルサポート】まとめ

 

今回ご紹介しました、【ベジタブルサポート】。

野菜の栄養素を、効率よく効果的に摂取できるサプリ。

 

愛犬の健康維持に、獣医師も推奨の「野菜のサプリメント」

効果を感じるには、1ヶ月以上の内服期間が必要です。

【ベジタブルサポート】は多くの動物病院で取り扱っているほど信頼性のあるサプリメントです。

 

野菜の良質な栄養素を愛犬に届けることができ、原材料の安全性も高いため、

安心して愛犬の健康維持を目指していけるでしょう。

 

愛犬の健康のため野菜をサプリで効率よく与える方法、おすすめですよ!!