キャットフード グレインフリーとは?おすすめのキャットフードを紹介!

愛猫

最近、キャットフードにグレインフリータイプのフードを選んでいる方によく遭遇します。

 

なんとなく、グレインフリーって健康志向で体に良さそうな印象がありますよね。

 

飼い主さん自身も、きっと「なんとなく、体に良さそうだから・・・」「グレインフリーがアレルギー対策になるはず」という理由で選んでいる方も多いのではないでしょうか?

グレインフリーだからといってどんな猫にも合うとは限りません。そしてグレインフリーだからといって食物アレルギー対策になるわけではなく、穀物アレルギーの猫のみ適したフードとなります。

 

では、一体どんな猫にグレインフリーのキャットフードはおすすめなんでしょうか?

今回は、たくさんグレインフリーのキャットフードの中でも、正真正銘のグレインフリーのプレミアムキャットフード「カナガンキャットフードチキン」をご紹介します。

穀物に対する知識を学んで、猫ちゃんの食事管理に役立ててください。

 

欲しがる猫

 

キャットフード グレインフリー とは

 

キャットフード グレインフリーとは、穀物(米、麦、トウモロコシなど)を使っていないフードのことを言います。穀物アレルギーの猫には向いているフードと言えますが、「グレインフリー」=「どんな猫にも良いフード」とは言い切れません。

というのも、猫に必要な栄養素はライフステージや体質、体調によって変わってくるからです。例えば、腎臓が気になる高齢期の猫の食事には、炭水化物が少ない高たんぱく質になりがちなグレインフードは、かえって腎臓へ負担をかけてしまいます。

 

加熱調理したキャットフードの穀物は適量なら消化できる

 

「猫は完全肉食動物だから穀物を消化できいない」ということから「穀物入りのキャットフードは猫にとって良くない!」という誤解をしてしまっている方も、多いのではないでしょうか?猫は決して穀物を消化できないわけではありません。

穀物の主成分は炭水化物ですが、猫はそのまま穀物(デンプン)を消化することができません。人間もお米やとうもろこしをそのままでは食べられないことと同じです。猫も、穀物(デンプン)が加熱・加圧調理されることで糊化されるので、問題なく消化することができます。

ただし、40%以上の炭水化物は猫の消化機能に影響を及ぼすとの報告がありますので、「穀物は消化できるけど与えすぎに注意」と覚えておきましょう。

 

猫

                                  

キャットフード グレインフリーを選ぶときの注意点

 

お話したように、穀物アレルギーの猫にはグレインフリーのキャットフードが向いています。

しかし、穀物アレルギーかどうか疑わしいだけで、グレインフリーを選ぶとかえってアレルギー症状を悪化させてしまう恐れもあります。

キャットフード グレインフリーを選ぶときには、次の2つの点に注意して選びましょう。

 

穀物アレルギーかどうか獣医の診察をうけてから

穀物入りのキャットフードを食べて下痢などのアレルギー症状が出た場合、穀物が原因であれば、グレインフリーのフードで改善されますが、もし肉や魚がアレルゲン(アレルギーの原因)だった場合、穀物入りよりもグレインフリーのキャットフードの方が肉や魚が多く使われているので、さらに症状がひどくなってしまう可能性があります。

穀物アレルギーかどうか疑わしい時は、安易にキャットフードをグレインフリーのものを選ぶのではなく、まず獣医師に相談してくださいね。

 

猫のアレルゲンとなる原材料が使われていないかチェック

猫の食事を選ぶ時、健康のことまでちゃんと考えて選んでいますか?

 

繰り返しになりますが、グレインフリーのキャットフードはあくまで「穀物」を除いたフードです。もし、穀物以外の肉や魚にアレルギーがある場合は、必ず原材料で使われていないかチェックするようにしましょう。

また、穀物とひとくちにいっても小麦・大麦・トウモロコシなど様々です。メーカーによって穀物の解釈が違う場合もあるので、必ずパッケージに書いてある原材料欄を見て、アレルゲンとなる原材料が入っていないか確認しましょう。

 

【猫にとって何が良いフードなのか??獣医師がおすすめするキャットフードを記事にしています】

関連記事

おすすめのキャットフードを市販フードから獣医師が厳選!! こんにちは、Burubio blogのBioです。猫を飼っている方は、みなさん各々おすすめのキャットフードってあると思います。猫は犬より食へのこだわりが強く、好みが異なるためこのキ[…]

猫 リラックス

キャットフード グレインフリー おすすめ

 

カナガンキャットフード チキン

 

カナガンキャットフード

公式サイトより引用

開発秘話

ペットショップを経営していたエディー氏が、「本当に高品質なペットフードを作りたい」そんな想いから自ら会社を設立し、世界中を飛び回り、あらゆるキャットフードを研究した結果、作り上げたのが「グレインフリー(穀物不使用)」のキャットフード。

彼の経験と知識、誰よりも熱い思いが詰まった「カナガン」です。今では、イギリス産高級グレインフリーキャットフードとして、世界中の愛猫家から絶賛されています。

 

「ドライフードをなかなか食べてくれない」

「すぐ飽きてしまう・・・」

 

そんな悩みを解決してくれるのが、たっぷりチキンを配合した「カナガンキャットフード チキン」です。

 

カナガンキャットフード チキン フィッシュ

公式サイトより引用

>>イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』公式サイトはココをクリック

特徴

特徴はこの3つ!

①肉・魚を60%以上配合、猫の食いつきがヤバい!

②グレインフリー(穀物不使用)

③高品質な食材を使用

④子猫・シニア猫でも食べやすい粒

 

カナガン

 

原材料と成分

カナガンキャットフード チキン

乾燥チキン35,5%、チキン生肉25%、サツマイモ、ジャガイモ、チキンオイル4,2%、乾燥卵4%、チキングレイビー2,3%、サーモンオイル1,2%、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フルクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニス、コロハ、ビタミン類(A、D3、E)、タウリン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、セレン)

カナガンキャットフード サーモン

生サーモン31,5%、乾燥サーモン15%、乾燥ニシン15%、乾燥白身魚14%、サツマイモ、サーモンオイル5%、ジャガイモ、生マス2,5%、ジャガイモタンパク、サーモンスープ2%、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニス、コロハ、アミノ酸類(メチオニン、リシン)、タウリン、ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)

 

カナガンチキンカナガンキャットフード チキン  特徴

 

カナガンキャットフード チキン

タンパク質  34%以上

脂質     16.7%以上

粗繊維    3.25%以下

灰分     10.7%以下

水分      8%以下

オメガ6脂肪酸 2.99%

オメガ3脂肪酸 0.82%

リン     1.1%

カルシウム  1.58%

エネルギー(100gあたり)  405kcal

カナガンキャットフード サーモン

タンパク質  34%以上

脂質     14.8%以上

粗繊維    3.25%以下

灰分     10.2%以下

水分      8%以下

オメガ6脂肪酸 0.8%

オメガ3脂肪酸 3.1%

リン     1%

カルシウム  1.4%

エネルギー(100gあたり)  398kcal

>>イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』公式サイトはココをクリック

特徴1:高タンパクなレシピで、猫の食いつきがヤバい!

 

もともと肉食の猫ちゃんが好むのは、上質なお肉やお魚をふんだんに使ったフード。『カナガン』は、原材料の60%以上がお肉・お魚の高タンパクなレシピになっています。

だから、袋を開けた瞬間、ふぁ〜と良い香りで、今までと食いつきが変わります。

 

また、『カナガンキャットフード チキン』の主原料には、高品質な放し飼いのチキンの新鮮な生肉と、高タンパクの乾燥チキンをブレンドしています。さらに、旨味たっぷりのチキングレイビーを配合しているため、味わいがアップしています。

だから、食いつきが驚くほど違うようです。

 

特徴2:グレインフリーで体にやさしい

 

猫には消化しづらいとされるトウモロコシや小麦などの穀物の代わりに、上質な食物繊維源であるサツマイモやジャガイモを配合しています。

 

特徴3:ヒューマングレードの高品質な食材を使用

 

『カナガン』に使われるチキン生肉や生サーモンは、ヒューマングレードの食品工場で加工された、人間が食べられるほど新鮮で上質なものを厳選し、使われています。

 

特徴4:子猫・シニア猫でも食べやすい粒

 

『カナガン』の粒は、子猫やシニア猫でも食べやすい小さめのサイズを採用。

お口の小さな猫ちゃんや噛む力の弱い猫ちゃんでも噛み砕きやすく、愛猫の食が進みます。

 

品質をとことん追求!

 

品質にとことんこだわったカナガンキャットフードチキン。2つの点から、しっかり品質管理をしています。

 

欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリア

ペット先進国イギリスで作られています。しかも、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした施設で製造。もちろん製造ラインは常にモニタリングされ、専門の品質管理官が最新の設備を駆使してチェックされています。

 

原材料から商品まで徹底した品質管理

キャットフードに使われる原材料は、それぞれの供給源から工場に届けられて時点で、品質テストにかけられます。この第一段階のテストにパスした原材料だけが、キャットフードの生産ラインに回されます。

また、生産ラインを通って出来上がったキャットフードは、パッキング前に専用機器でスペクトラム分析にかけられ、システムにあらかじめ登録されたデーターと差異がないことが確認されます。そしてキャットフード1つ1つに製造番号がつき、生産びはもちろん、それぞれの現在りょのロットまでトラッキングができるようになっています。

 

注目してほしい『カナガン』の栄養素

特に、注目したいのがオメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸が含まれている点。

原材料に魚が多く使われているからこそ得られる栄養素と言えるでしょう。

 

オメガ6は炎症を起こす物質と言われていて、オメガ3は炎症を抑える効果があります。どちらに偏るのではなく、バランスよく摂取することで、血行を促進したり、消炎効果が期待できます。

高齢になると心臓病や腰部痛が、起きやすくなります。これらの治療にオメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸配合のサプリメントを処方することがあり、その栄養が含有されているキャットフードは、まさに成猫からシニアまでの健康を考えたフードと言えるでしょう。

 

また、『カナガン』に含まれているサツマイモ・ジャガイモの上質な食物繊維が、猫にやさしく、そしてゆっくりと食べ物を消化してくれます。

 

この他、海藻が含まれていることによって、ヨウ素などのミネラルを補給してくれます。そしてカモミール・セイヨウハッカなどのハーブが、活力の維持やリフレッシュ効果をもたらしてくれます。

>>イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』公式サイトはココをクリック

AAFCO認定ではないが、FEDIAFの基準を満たしたフード

 

『カナガン』が作られているのは、ペット先進国イギリスの中でも特に高い評価と信頼を集めるペットフード専門工場。欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準を満たした安心の施設で作られています。AAFCOの基準を満たしていないため、基本的に主食として与えてください。

また作られた商品を毎回検査にかけ、安全な品質を維持しています。

品質テストは製造前と製造後の2回。ひとつひとつの原材料を様々な角度からチェックし、出来上がったフードは専用機械でスキャンし異常がないか厳しく検査しています。さらに、パッケージに刻印された番号でそれぞれの原材料の調達先や生産日まで完全に把握。サンプルは12ヶ月保管されているので、出荷後の安全管理も完璧です。

カナガンのデメリットは、値段!

 

はっきり言って、高いです!

 

カナガンキャットフード

 

『カナガンキャットフード』1.5kgで、値段は通常価格 3,960円(税込4,356円)です。

 

これだけこだわって作られているのだから、当然の値段だと思いますが、継続するとなると金額はシビアな問題となります。

 

試したいという方は、少しでも継続的負担を減らすために、定期購入を利用すると良いでしょう!

 

定期購入のメリット

毎日欠かさず理想的なフードをあげたい!という方のためのおトクな定期コースがあります。

特典1||定期コースで購入すると最大20% OFF!

通常価格:3,960円(税込4,356円)が、こんなにお安くなります。

1個を定期購入⇨3,564円(税込3,920円) 10%OFF

2個を定期購入⇨3,366円(税込3,702円) 15%OFF

3個を定期購入⇨3,168円(税込3,484円) 20%OFF

 

特典2||まとめて3個以上購入すると送料・代引き手数料が無料!

 

まとめて3個以上(税抜10,000円以上)購入すると、送料税抜640円(税込704円)、代引き手数料税抜237円(税込260円)が無料になります。

 

特典3||お届け周期、お届け個数を自由に選べる!

 

自身のペースに合わせて、「1週間ごと」から「13週間ごと」まで1週間単位でお届け周期を選べます。

もちろん、お届け個数も自由に選ぶことができます。ちなみに変更は、次回お届け日の7日前までに連絡すれば、変更できます。

 

特典4||解約・再開はいつでもOK!

 

商品がたまってしまったら、定期コースを解約でき、また必要になった際に再開することもできます。

>>イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』公式サイトはココをクリック

「カナガンキャットフード」の評判

ユーザー251名のうち、

・86%が食いつきがいい

・92%が「完食した」「ほとんど食べた」

と、評価しています。そして90%のユーザーが継続を希望しています。

 

カナガンキャットフード チキン フィッシュ

公式サイトより引用

 

そして高タンパク食で、グレインフリーな点から、こんな飼い主さんにおすすめです。

 

◯愛猫の美容が気になる

◯愛猫の健康が気になる

 

『カナガンキャットフード』の疑問

 

子猫・シニア猫に与えても良い?
『カナガン』はタンパク質が豊富な栄養満点のフードなので、2ヶ月の子猫からシニア猫まで、全猫種・全年齢の猫に与えられます。食べやすい小さめの粒は、お口の小さい子猫にも最適です。

 

『カナガン』が買えるのは、ネットのみ?
そうです。お店では売っていません。ネットのみの販売となります。イギリスの生産工場から直輸入し、直接届けてくれるため、ネットのみの販売となるようです。
フードの香りが強いように感じます。香料が使用されていますか?
『カナガン』の香りは素材そのものの自然な香りで、人工の香料は一切使用されていません。高タンパクであるため、お肉やお魚の香りがオーナー様にとって強く感じられる可能性が高いようです。

 

まとめ

今回グレインフリーのキャットフードについてお話ししました。最近ではグレインフリーキャットフードを選んでいる飼い主さんも多く、その多くはなんとなく体に良さそう・・・という判断。

確かに猫にとってグレインフリーは体の仕組みに適したご飯です。しかし、保存料が含まれていたり、原材料に大豆が多く含まれていてその結果グレインフリーと謳っているフードなら、猫にとって良いとは言い切れません。

今回紹介した「カナガンキャットフード」は、魚・肉を主体とした高タンパクに作られ、保存料なども含まないグレインフリーキャットフード。獣医師の観点からも、猫にとって適したキャットフードと言ってもいいかと思います。

もちろん良いご飯だからといって、猫によっては合わない場合もあります。吟味して、愛猫にあっているフードなのか、飼い主さんが評価し選ぶことが何より猫にって大切です。正しいキャットフード選びし、迷ったら獣医師に相談し、猫ちゃんと健康で素敵な時間を暮らして、大切な時間を楽しみましょう。

レンタルサーバー

 レンタルサーバーの基本【Xserver

ブログテーマ

 オシャレにブログ作成!【THE THOR

⇒商品の詳細はこちらから

【スポンサーリンク】